自分の真皮細胞を薄毛部分に移植って

これ、ほんとこんな方法があるなんて、という感じでびっくりしたのですが、結果が出ているようです。

2017年9月号の家庭画報の

最先端の美容医療で髪は甦る、という記事の中で

サフォクリニックのミラヘアシステムが紹介されていました。

サフォクリニックのミラヘアシステムとは?

髪が元気に生えている部分の毛包を含む真皮を採取し、特殊な方法で液状にした(特許出願中)、ご自身の「髪の種」を治療したい部分の頭皮に注入

耳の後ろの毛が元気な部分の皮膚を3㎜程度×3か所切り取り、院内の機器で液状にしたものを、さらに薄い部分に注入します。

ケラステムは脂肪細胞から幹細胞を取り出して、髪の毛に注入しますが、
ミラヘアシステムは髪の生えている耳後ろの真皮を、少量ですが丸ごと切り抜いて

液状化したものを薄い部分に注入するんだとか。

口コミはどう?

  • 植毛よりは長持ちする
  • 効果が表れるのがモニター平均で60日程度と速い
  • 仕上がりがとても自然

という感じです。

女性の薄毛の悩み

取り出した髪の種は、薄い部分に注入されるので、うまくカバーできて自然な仕上がり。自分の髪の細胞なので、ほとんど違和感がありません。

感想

今まで成長因子を注入したり、脂肪から取った幹細胞を注入したりする治療が最先端だと思っていたら

髪そのものが作られている肌を丸ごと、薄い部分に注入することで活性化するという新しい方法です。

結構近道、な感がする治療法だと思いました。

ミラヘアシステム サフォクリニック公式 でご確認を。