パフィールエアリーフィットのイメージはCMの影響でボブ(おかっぱ)スタイルなのではないかな、という先入観を持っていませんか?

実はいろんなアレンジができるので、ボブスタイル以外にも選べる幅は広いんです!!

パフィールエアリーフィットのデザイン

セミレイヤー、ショート、ショートレイヤー、ボブ、プラチナベリーショート、エレガントショート、グラデーションボブ、セミロングなどCMで着用しているものとは全く違う髪形もたくさん用意されています。

いろんな髪形が試せるので、おさまりが良いものを選ぶのがコツ。

おすすめの形は?

エレガントショートという形があるのですが、基本ボブスタイルをふんわり立ち上げてサイドから見ても、前から見ても立体感のあるふんわりスタイルが実現しています。

ストレートなんだけどくるくるドライヤーで流れをつけた様な自然な仕上がりが、比較的トライしやすいと思います。

ほんとおしゃれな髪形なのに自然な仕上がりになるので、挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか。

パフィールエアリーフィットの髪形はこちらでチェック

 パフィール 公式サイトでパフィールの髪形を見てみる

 

実際どのようにしてウィッグを整えていくか

基本は

  • 髪の太さ
  • 髪の色
  • ネットの大きさ
  • 髪の毛の量(フルかトップのみ、など)

を選んで頭部周りを採寸してフィットするウィッグにしていくので、パフィールエアリーフィットというウィッグ名ではありますがとにかく種類は豊富です。

また、自分好みのウィッグに仕上げることができるので、まず似合わないということは少ない。

頭皮ネットのクール仕様が蒸れをすっきりさせます。パフィールエアリーフィットの蒸れない技術が人気なんですね。

特に注意したい髪の毛の太さ

自分の髪の毛とウィッグの髪の太さが違うと、つけているだけで不自然になります。これは市販の既製品ウィッグに多く、かつらが浮いてしまって不自然に見えるのがとても恥ずかしい。

既製品ではなかなか自分の髪に合わせることが難しく、完璧に自然なウィッグを見つける労力を考えると、ウィッグをオーダーメイドして自分に合わせるほうが確実です。

一度ウィッグの無料体験をするとよくわかるのですが、自分の髪の毛にぴったりと合うウィッグを提案してもらえるのは本当に安心感があって

自分でチェックできない全体的な仕上がりをプロの目でチェックしてもらえるのは頼りになります。ほかにはないサービスで一つ作っておくと便利なのは間違いないと思っています。

パフィールエアリーフィットの詳細記事はこちらから

関連記事▶ パフィールの値段と料金はどれくらい?アートネイチャーサロンが良い理由。