既製品のウィッグもほんと最近は付け心地がよく、品質の良いものが増えてきています。フォンテーヌのアウトレットショップも人気です。

トップだけならまだいいかも?

しかしウィッグです。どうしても地毛とかけ離れた印象になってしまいます。品質がアクリルだと長持ちはするのですが、ぎらついたりぱさぱさしたり。気がかりな点は多いと思います。

なぜ既製品ウィッグは不自然になってしまうのか

ウィッグのナチュラルさは地毛にいかにして近づくことができるのかにかかってきます。

遠目で見てもわからない違いが、近くに来るとどうしても不自然に見えてしまうこと。地毛と違っているからですね。

キューティクルの違い

キューティクルの微妙な再現には技術が必要です。これが形だけになってしまうと

レディスアデランス

  • 戸外で光を反射するとき
  • 近くで見るとき

にばれてしまいます。ウィッグの毛に対して施されているキューティクルは残念ながら既製品では難しいでしょう。

髪の太さの違い

髪の毛の太さは個人個人で大きく違う点です。平均したものが作られる既製品ではどうしても髪の太さが合わなくなります。

うすい部分は隠せたとしても、全体でみると不自然なのは髪の毛の太さも一因です。

髪の色の違い

同じような栗色のウィッグでも、自分の髪とは違うこともあり調整が難しいです。また、今の状態でぴったりしていても後々、地毛が白髪交じりになったときには

また髪の色とウィッグの色が合わなくなります。色合わせは本当に難しく、ばれてしまう大きな要因になるんですね。

ウィッグのつけ方のまずさ

特につむじ部分を隠したい場合、手が届きにくいのでうまくつけられない場合もあります。

きちんとした指導をうけて、毎回チェックをしつつウィッグに慣れていけばいいのですが、既製品は自分で身に着けていくしかありません

ばれにくい完璧に近いウィッグづくりならレディスアデランス

レディスアデランス

~レディメイドとは全く違うウィッグのネット部分~

ばれにくい完璧なウィッグづくりのためにオーダーメイドがあるんです。客観的に見てあなたにぴったりのウィッグを作るので

自分の感性よりも、ぴったり合うものが作れます。

さらに「長時間つけるための快適さ」の工夫が随所にちりばめられているので、窮屈さがほとんどありません。

周りにばれない、快適なウィッグを一つ持っておくことで安心感は大きい。旅行に行くのも気軽。帽子感覚ですね。

レディスアデランスの詳細記事は