50代に入ると子育てもひと段落。しかし仕事や家事の量が減るわけでもなく、自分でも知らないうちにストレスが溜まっています。

育毛ブラシ

髪の毛が心もとなくなってくる40代からケアを始めるのがいいのですが、

  • 育毛ケアは頭皮に負担がかかりそう
  • 健康面での心配もあるので育毛剤が使えない
  • めんどくさいケアはイヤ

ということがクローズアップされます。とにかくシンプルで体全体の健康維持にもいい上に、めんどくさくないような

薄毛の原因にアプローチできて、それでいて楽。

健康的な育毛が望まれるのが50代の薄毛対策リアルだと思っています。

特に心配なのは 薄毛の悩みがさらなる抜け毛を増長

頭皮の構造

仕事・家事や育児のストレスがあるのは皆ある程度同じですが、その受け止め方の上手な方は

気持ちを切り替えられます。くよくよ悩んでいても仕方ないのでできることをやるという感じですね。

しかし(私もそうなのですが)うまくいかないことで衝突してしまったことをずっと考え続けるタイプの方が”薄毛”に悩んでしまうと

それがストレスでさらなる薄毛を呼んでしまうというスパイラルに突入しやすい。悩みすぎが原因にもなりうるんですね。50代の女性薄毛はなかなか難しい。

ケイ素を始めました

ケイ素は健康保持のために使い始めましたが、特に体に負担をかけることなく生活の中に溶け込んでいます。

umo濃縮溶液

umoはケイ素の濃縮溶液です。少量から始められるので自分に合った濃度で使います。

私の場合は2Lのペットボトル水に30mlケイ素を加えて使っています。

市販のケイ素水にさらに濃縮溶液を加えている感じでオリジナルケイ素水を使っています。無味無臭で温めても使えます。

さらにスプレーにも入れて頭皮にスプレーすると、汗をかいたときの頭皮臭さが出ないんです。これには助かりました!!水をスプレーしているだけのようですがしっかりと実感があります。

さらに肌にスプレーするとつるんとする感じもあるんですね。

体の健康保持と育毛を考えるとケイ素はとっても便利。安心して使えるので長く使っていこうと思っています(2本あるので半年は持ちそう)

関連記事▶ シリカ水を女性育毛に。40代女性の頭皮はなぜ臭う?